スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERA(韓国) 韓国での料金体系は定額制に

韓国にて、11月15日に「Hangame Gstar Premiere 2010」が開催され、MMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」のプレイ映像が上映されたほか、開発者たちとの質疑応答が実施された。

今回、会場で行われた質疑応答のなかで、商用サービス後の料金体系に関する質問に対し、定額制モデルでサービスする予定であることが明らかとなった。また、「大部分のMMOが基本プレイ無料のアイテム課金制を選んでいる状況なのに定額制を選んだ理由は?」という質問に対し、「月額定額制を採択することで、別にゲームの長所があるわけではないと思います。ただ、ゲームがユーザーたちに認められることができる価値が何かという点を考慮し、月額定額制でゲームをプレイするのが一番楽しむことができる道と思います。」と答えた。
会場で行われた質疑応答~

●プレイ映像を見るとゲームの最適化がとても進んでいるようですが、ゲームの推奨環境はどのくらいですか?
○Intel Core2Duo、RAM 2GB、グラフィックカードはGeForce8800GT程度の仕様を推奨しています。

●3次テスト以降に多くの改善部分があったようですが、どこを改善したのですか?
○3 次CBT以降内部的に多くの反省をし、様々な面で根本的な面を振り返ることになり、開発者たちも3次CBT以降にゲームにどのような短所があるのかを明確に知ることができました。これを通じて、ゲームの全体的なクオリティを高めるために様々な部分の品質を高めました。また、MMORPGと関連するコンテンツの質と量に集中しました。

●テストではヒーラーが大変だという意見が多かったですが、この点においてどのような改善をしたのですか?
○テストではヒーラーがあまりにも動かなければいけないというフィードバックが多かったので、遠距離でもヒールが簡単にできるようロックオンシステムを開発し、これを通じて以前に比べて容易にヒールできるようにしました。

●ノンターゲッティング戦闘をより簡単に接することができるよう調律した部分はありますか?
○ 近距離キャラクターでも方向と距離をより簡単に切り替えられるようにするため、照準点にあわせて全てのスキルが発動されるようにインターフェースを改善しました。同時に、スペースバーを押すことでその状況にあう様々なスキルを簡単に使うことができるシステムを開発しました。

●視点を最大限に近づければTPSのような感じですが、アクション性を強調するためにこのような視点を用意したのですか?
○戦闘有用性よりは、キャラクターや背景をより詳しく見ることができるようにするための視点です。キャラクターの全身を見ることができる視点は、今後追加する予定です。

●TERAのライバル作品は何だと思いますか?
○ 沢山あるゲームたちを直接プレイしてみたわけでないので、軽々しく言及することができない質問です。他のゲームに気を使うよりは、TERAの完成度を高めるのが先だと思っています。多様な個性を持ったMMORPGたちが沢山登場すると思いますが、発売開始時期が重ならなければこういった競争は大きな影響を与えないと思います。

●E3で試演されたバージョンではコンソールコントローラーを利用することができましたが、こういった要素は韓国国内でも導入されるのですか?
○海外ではこういった要求が多かったので、海外で先に公開しました。このような要素は国内バージョンでも適用されるでしょう。

●ノンターゲッティング以外にTERAに適用された新技術はありますか?または適用したかったが、まだ適用できていないコンテンツはありますか?
○テレビゲームに劣らないアクションを再現したかったが、いまだサーバー技術が追いつくことができなくて再現できませんでした。このような技術が開発されたら、アクション部分ももっと強調されると思います。

●有料化モデルはどのように予定していますか?
○定額制モデルで有料化する予定です。

●大部分のMMOがアイテム課金制を選択している状況なのに定額制を選んだ理由は?
○月額定額制を採択することで、別にゲームの長所があるわけではないと思います。ただ、ゲームがユーザーたちに認められることができる価値が何かという点を考慮し、月額定額制でゲームをプレイするのが一番楽しむことができる道と思います。

●商用化のスケジュールは?
○様々な状況によって日程が流動的に変更されるので、確定的に申し上げることはできません。

●有料化モデルを通じて、ゲームに投入した開発費用はどれくらいで回収できますか?また開発費用がかかったゲームなので、利用料金も高いと予想されますが、どの程度を予定していますか?
○お金を回収することも重要ですが、ユーザーたちがゲームを長く楽しめるように続けることが重要だと思っており、海外市場での収入も考慮しているので無理な料金を強行することはないでしょう。

●攻城戦のような大規模戦闘が実装されるのであれば、どのような形式ですか?
○ アクションゲームなのでゲームのフレームが非常に重要です。この点が重要なので、現在では5:5から始めて、OBTでは10:10や15:15を実装し、この時のクオリティが良ければ規模を拡大していくつもりです。カジュアルでおもしろく楽しめるPvPを作るのが目標です。

●20人あるいは30人レイドがオンラインゲームの人気コンテンツですが、TERAのレイドコンテンツはどのような方式ですか?
○カジュアルで簡単に楽しむことができる方向性に行くでしょう。1パーティは5人くらいで構成されることを計画しています。多すぎる人員は、むしろ戦闘の仕組みを阻害すると思います。

●海外進出計画を明らかにしていますが、中国市場進出はいつ頃でしょうか?
○目標は持っています。しかし中国の多くのパブリッシャーと会ってみた結果、急がないという結論に一応なりました。

●ストレステストを最後に、その後はオープンβテストを開始するのですか?
○そのようになることを願っていますが、サーバー負荷テストの結果をみて日程を変更することもあります。


ザザ~っと、にわか翻訳で質疑応答の内容を掲載しました。日本でも先日ティザーサイトがオープンされた本作ですが、どうやら韓国では月額定額制になるみたいですね。日本でのサービスはどうなるのでしょうか?いよいよビッグタイトルが始動するようで、楽しみですねっ。
元記事 TERA(韓国) 韓国での料金体系は定額制に・・・


やっぱり料金体系は月額制がいいですよね
アイテム課金だと最終的には
ハード課金>>>>>越えられない壁>>>>>普通課金プレイヤー
ってなる可能性大ですしね・・

スポンサーサイト

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。